応答スペクトル - Response Spectrum

固有周期:1.00

備考

- 本アプリケーションは応答スペクトルの概念を学習するための教材として用意したものです.本結果を実務に利用した場合の過失については,如何なる補償も致しません.

- 1自由度系の減衰定数は5%としています.また,応答を強調するために,アニメーションでは地動を1/4倍にして表示しています.

- 入力波形として,防災科学技術研究所,気象庁,新潟県,JR西日本による観測記録を使用しました.貴重な記録を提供していただき感謝申し上げます.また,2016年熊本地震TMP3波形は 益城町宮園地区で得られた本震記録(東西成分)(Hata et al., 2016) を使用しました.

<文献>
Hata, Y., Goto, H., and Yoshimi, M.: Preliminary Analysis of Strong Ground Motions in the Heavily Damaged Zone in Mashiki Town, Kumamoto, Japan, during the Main Shock of the 2016 Kumamoto Earthquake (Mw7.0) Observed by a Dense Seismic Array, Seismological Research Letters, Vol.87, No.5, pp.1044-1049, 2016.


作成者:後藤浩之(京都大学防災研究所)

Mail to : gotocatfish.dpri.kyoto-u.ac.jp (@は半角の@に置き換えて下さい)