体験からアプローチする
地震防災教育

(主催:京都大学防災研究所,後援:関西地震観測研究協議会)

学校における防災教育の重要性が高まる中,対応・行動を学ぶ防災教育や,地震そのものを学ぶ教育が現在広く行われています.ところが,アプローチを誤ると単純に「怖い」といった閉塞感や,漫然とした「軽視」を感じ,教育効果を見込めない可能性があります.本イベントでは体験を通じた気軽なアプローチに着目し,その効果と課題を参加者間で議論します.

ちらし(PDF)(※ 配布自由です)

開催日

12月27日(金)

対象

地震防災教育に携わる方(市民,教職員,自治体関係者),興味のある方,楽しいことが好きな方

模擬実験

「大科学実験!子どもたちで校舎を揺らす事ができるのか?!」

会場:大阪市立吉野小学校

(事前申込制,無料)


ディスカッション

「体験は地震防災教育を身近に感じるアプローチとなるのか」

会場:大阪市福島区民センター 301会議室

(事前申込不要,無料)

(13時受付開始)13時30分開始 15時00分終了(予定)


話題提供

 林能成 (関西大学 准教授)

 後藤浩之(京都大学 助教)


実験見学の申込

以下の情報を添えて、下記メールアドレスまでお送りください。

 問い合わせ・申込先

try2013@catfish.dpri.kyoto-u.ac.jp

(受付担当)京都大学防災研究所 地震災害研究部門 後藤浩之