Japanese/English 

Publications

2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年


2017年

- 論文

新垣芳一,吉見雅行,後藤浩之,栗田哲史,佐藤恭兵,細矢卓志,荒井靖仁,森田祥子:益城町の2016年熊本地震被害集中域の表層に分布する凝灰質土の物理特性・動的変形特性,土木学会論文集A1,Vol.73,No.3,pp.552-559,2017.
Link

Hiroyuki Goto, Yoshiya Hata, Masayuki Yoshimi, and Nozomu Yoshida: Nonlinear site response at KiK-net KMMH16 (Mashiki) and heavily damaged sites during the 2016 Kumamoto Earthquake (Mw7.1), Japan, Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.107, No.4, pp.1802-1816, 2017.
PDF, Link

Masumi Yamada, Junzo Ohmura, and Hiroyuki Goto: Wooden building damage analysis in the Mashiki town for the 2016 Kumamoto earthquakes on April 14 and 16, Earthquake Spectra, in printing.
Link

Yoshiya Hata, Masayuki Yoshimi, Hiroyuki Goto, Takashi Hosoya, Hitoshi Morikawa, and Takao Kagawa: Recovery process of shear wave velocities of volcanic soil in central Mashiki Town after the 2016 Kumamoto earthquake revealed by intermittent measurements of microtremor, Earth Planets and Space, Vol.69, No.72, 2017.
Link

秦吉弥,湊文博,後藤浩之,吉見雅行,古川愛子,宮本崇,飯山かほり,野口竜也,盛川仁,池田隆明,香川敬生:熊本県益城町の造成宅地での高密度常時微動計測の広域実施によるH/Vスペクトルと地震被害の関係,物理探査,Vol.70,pp.35-41,2017.
Link

Shusuke Oji, Sumio Sawada, and Hiroyuki Goto: Estimation of response spectra of earthquake ground motion based on an attenuation equation with detailed analysis of source and site effects, Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.107, No.1, pp.292-307, 2017.
Link

Hiroyuki Goto, Hitoshi Mitsunaga, Masayuki Inatani, Kahori Iiyama, Koji Hada, Takaaki Ikeda, Toshiyasu Takaya, Sayaka Kimura, Ryohei Akiyama, Sumio Sawada, and Hitoshi Morikawa: Shallow subsurface structure estimated from dense aftershock records and microtremor observation in Furukawa district, Miyagi, Japan, Exploration Geophysics, Vol.48, No.1, pp.16-27, 2017.
Link


- 寄稿等

秦吉弥,吉見雅行,後藤浩之,細矢卓志,盛川仁,香川敬生:常時微動H/Vスペクトルに基づく2916年熊本地震によって被災した益城町の市街地の軟弱地盤におけるせん断剛性の回復過程に関するモニタリング,地盤工学会誌,Vol.65,No.8,pp.26-29,2017.

後藤浩之,秦吉弥,吉見雅行:益城町市街地の地盤増幅特性と2016年熊本地震における被害集中域との関係,岩波科学,Vol.87,No.2,pp.186-191,2017.
PDF, Link


- 発表

豊増明希,後藤浩之,澤田純男,高橋良和:平成28年熊本地震の御船ICにおける大度記録の原因分析,平成29年度土木学会全国大会,2017/9/11-13.

五十嵐徹,後藤浩之,澤田純男:地中構造物の耐震性向上対策としての残置土留壁の効果について,平成29年度土木学会全国大会,2017/9/11-13.

秦吉弥,吉見雅行,後藤浩之,中山義久,松川尚史:2016年熊本地震の本震直後における益城町市街地での地盤度構造の推定に関する試み,平成29年度土木学会全国大会,2017/9/11-13.

林穂高,後藤浩之,澤田純男,新垣芳一;S波インピーダンスによる地盤増幅特性評価法の地震観測記録に基づく検証,平成29年度土木学会全国大会,2017/9/11-13.

Hiroyuki Goto, Yoshiya Hata, Masayuki Yoshimi, and Nozomu Yoshida: Nonlinear site response at KiK-net KMMH16 (Mashiki) and heavily damaged sites during the 2016 Kumamoto Earthquake, Japan, IAG-IASPEI 2017, 2017/8/1.

江口拓生,後藤浩之,川方裕則,土井一生,高橋直樹,澤田純男:動的平板載荷実験に基づく地盤最表層のS波インピーダンス測定法の開発,第52回地盤工学研究発表会,2017/7/12-14.

五十嵐徹,後藤浩之,澤田純男:残置土留壁が地震時に地中構造物へ与える影響と耐震補強対策への可能性,第52回地盤工学研究発表会,2017/7/12-14.

新垣芳一,吉見雅行,後藤浩之,栗田哲史,佐藤恭兵,細矢卓志,荒井靖仁,森田祥子:益城町の2016年熊本地震被害集中域における凝灰質土の動的変形特性,第52回地盤工学研究発表会,2017/7/12-14.

吉田望,澤田純男,後藤浩之:斜め入射を受ける地中線状構造物の解析の比較,第52回地盤工学研究発表会,2017/7/12-14.

福塚健次郎,春日井麻里,三村衛,大島昭彦,日置和昭,後藤浩之,鍋島康之,永井久徳,中嶋勲雄,南海トラフ巨大地震に関する被害予測と防災対策研究委員会:地盤情報データベースを活用したハザードマップツールの試作,第52回地盤工学研究発表会,2017/7/12-14.

後藤浩之,吉見雅行,秦吉弥:2016年熊本地震における益城町被害集中域の地震動増幅特性,JpGU-AGU Joint meeting 2017, 2017/5/20-25.

吉見雅行,後藤浩之,秦吉弥,新垣芳一,細矢卓志,森田祥子,杉山長志,徳丸哲義:微動、余震、ボーリング調査に基づく熊本県益城町の被害集中域における地盤増幅特性評価,JpGU-AGU Joint meeting 2017, 2017/5/20-25.

荒木俊,野口竜也,駒澤正夫,有村翔也,田村充宏,中山圭,盛川仁,宮本崇,飯山かほり,秦吉弥,吉見雅行,香川敬生,後藤浩之:2016年熊本地震による被災地における重力探査にもとづく基盤構造の推定,JpGU-AGU Joint meeting 2017, 2017/5/20-25.

Hiroyuki Goto, Yoshiya Hata, Masayuki Yoshimi: Significantly large ground motions in the Mashiki town during the 2016 Kumamoto earthquake, Recent Research Progress on Earthquake Engineering and Engineering Seismology, GNS Science, 2017/3/14.

後藤浩之:熊本地震における益城町の地震動被害,平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2017/2/21-22.

後藤浩之,秦吉弥,吉見雅行,吉田望:KiK-net益城サイトの非線形地盤振動特性,平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2017/2/21-22.

吉見雅行,後藤浩之,秦吉弥,吉田望:益城町市街地の2016年熊本地震被害集中域における非線形地盤応答特性,平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2017/2/21-22.

北田奈緒子,井上直人,三村衛,後藤浩之:熊本県益城町地域におけるボーリング調査の地質学的考察,平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2017/2/21-22.

香川敬生,吉田昌平,上野太士,後藤浩之:2016年熊本地震で生じた地表地震断層ごく近傍の地震動特性について,平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2017/2/21-22.

盛川仁,野口竜也,駒澤正夫,有村翔也,田村充宏,中山圭,荒木俊,宮本崇,飯山かほり,秦吉弥,吉見雅行,香川敬生,後藤浩之:益城町市街地における重力探査に基づく重力基盤構造の推定,平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2017/2/21-22.

Hiroyuki Goto, Nobuaki Tanaka, Sumio Sawada, and Hideki Inatani: S-wave impedance measurements of the uppermost material in surface ground layers, 16th World Conference on Earthquake Engineering, No.636, 2017/1/9-13.

Yoshikazu Shingaki, Sumio Sawada, and Hiroyuki Goto: Effective parameter set for site amplification factors: S-wave impedance vs. Vs30, 16th World Conference on Earthquake Engineering, No.798, 2017/1/9-13.



2016年

- 論文

池田貴昭,後藤浩之,澤田純男:地震時盛土の引張破壊を考慮した拡張有限要素法によるクラック進展解析,土木学会論文集A2(応用力学),Vol.72,No.2,pp.I_227-I_235,2016.
Link

宮本崇,飯山かほり,後藤浩之,盛川仁:平成28年(2016年)熊本地震の概要と益城町周辺における余震・常時微動観測(速報),自然災害科学,Vol.35,No.2,pp.77-86,2016.
Link

Yoshiya Hata, Hiroyuki Goto, and Masayuki Yoshimi: Preliminary analysis of strong ground motions in the heavily damaged zone in Mashiki town, Kumamoto, Japan, during the main shock of the 2016 Kumamoto earthquake (Mw7.0) observed by a dense seismic array, Seismological Research Letters, Vol.87, No.5, pp.1044-1049, 2016.
Link, Open Data

後藤浩之,羽田浩二,澤田純男,吉田望,大内徹:常時微動観測と臨時余震観測による福島県浪江町市街地の地盤震動特性評価,日本地震工学会論文集,Vol.16,No.1,pp.309-321,2016.
Link


- 寄稿等

秦吉弥,後藤浩之,吉見雅行:益城町の被害集中域における2016年熊本地震本震の地震動とその特徴,岩波科学,Vol.86,No.9,pp.934-941,2016.
Link


- 発表

後藤浩之:2016年熊本地震における益城町の非線形地盤震動特性,東京工業大学地震工学研究グループ 第140回工学地震学・地震工学談話会,2016/12/17.

秦吉弥,後藤浩之,吉見雅行,古川愛子,盛川仁,池田隆明,香川敬生:高密度臨時地震観測に基づく2016年熊本地震の本震における益城町役場周辺の造成宅地を対象とした強震動の広域推定,第7回インフラ・ライフライン減災対策シンポジウム講演集,土木学会,pp.7-18, 2016/12/5.

Hiroyuki Goto, Yoshiya Hata, and Masayuki Yoshimi: Ground motion damage in Mashiki town during the 2016 Kumamoto earthquake, Japan, the 29th KKHTCNN symposium on civil engineering, pp.259-262, 2016/11/3-5.

Anirban Chakraborty and Hiroyuki Goto: A hierarchical Bayesian approach to spatial modelling of site amplification, the 29th KKHTCNN symposium on civil engineering, pp.517-520, 2016/11/3-5.

秦吉弥,後藤浩之,吉見雅行,古川愛子,盛川仁,池田隆明,香川敬生:2016年熊本地震での震災帯の成因究明を目的とした益城町の市街地における強震動の広域・高密度評価に関する試み,第44回地盤震動シンポジウム論文集(2016年熊本地震で何が起きたか),日本建築学会,pp.35-46, 2016/12/2.

秦吉弥,湊文博,後藤浩之,吉見雅行,盛川仁,池田隆明,香川敬生:超高密度常時微動計測に基づく益城町の市街地における地盤震動特性の広域評価,地域安全学会第39回研究発表会(秋季),2016/11/4-5.

吉見雅行,秦吉弥,後藤浩之,細矢卓志,森田祥子,徳丸哲義:熊本県益城町市街地におけるボーリング調査結果速報,日本活断層学会2016年度秋季学術大会,2016/10/29-30.

後藤浩之,秦吉弥,吉見雅行,吉田望:KiK-net益城サイトの非線形地盤応答特性,第36回地震工学研究発表会,2016/10/17-18.

福島康宏,後藤浩之,長尾毅,尾茂淳平,末冨岩雄:熊本地震によるKiK-net益城での観測地震動と事前の活断層評価に基づく推定地震動との比較,第36回地震工学研究発表会,2016/10/17-18.

黒田泰介,鍬田泰子,後藤浩之:常時微動を用いた不整形地盤上の地盤ひずみ分布評価の試み,第36回地震工学研究発表会,2016/10/17-18.

後藤浩之,秦吉弥,吉見雅行,吉田望:KiK-net益城サイトの非線形地盤応答特性,日本地震学会2016年秋季大会,2016/10/5-7.
PDF

盛川仁,飯山かほり,後藤浩之:大崎市古川地区における2011年東北地方太平洋沖地震の本震記録を用いた地震動分布の簡易推定,日本地震学会2016年秋季大会,2016/10/5-7.

飯山かほり,上野翔太,山崎義弘,盛川仁,坂田弘安,廣瀬壮一,後藤浩之:実被害との対比に基づく木造建築の層剛性モデルの設定,日本地震学会2016年秋季大会,2016/10/5-7.

後藤浩之,澤田純男,新垣芳一:正規化エネルギー密度NEDに基づいた地盤震動特性評価,第35回日本自然災害学会学術講演会,2016/9/20-21.

後藤浩之:近年の地震観測とその工学的活用例,第51回地盤工学研究発表会,2016/9/13-15.

江口拓生,後藤浩之,川方裕則,土井一生,高橋直樹,澤田純男:動的平板載荷実験に基づく地盤最表層のS波インピーダンス測定法の開発,土木学会第71回年次学術講演会,2016/9/7-9.

竹本幸士郎,澤田純男,後藤浩之:数値解析に基づく粒状体せん断抵抗の速度依存性に関する考察,土木学会第71回年次学術講演会,2016/9/7-9.

Hiroyuki Goto, Sayaka Kimura, Hitoshi Morikawa, and Sumio Sawada: Effect of subsurface irregularity on ground motion coherence, 5th IASPEI/IAEE International Symposium: Effects of Surface Geology on Seismic Motion, 2016/8/15-17.

Yoshikazu Shingaki, Hiroyuki Goto, and Sumio Sawada: Application of S-wave impedance to site amplification factors, 5th IASPEI/IAEE International Symposium: Effects of Surface Geology on Seismic Motion, 2016/8/15-17.

江口拓生,後藤浩之,川方裕則,土井一生,高橋直樹,澤田純男:動的平板載荷実験に基づく地盤最表層のS波インピーダンス測定法の開発,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会,2016/6/11.

竹本幸士郎,澤田純男,後藤浩之:数値解析に基づく粒状体せん断抵抗の速度依存性に関する考察,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会,2016/6/11.

山田真澄,大邑潤三,後藤浩之:2016年熊本地震における前震と本震の益城町の建物被害,日本地球惑星科学連合2016年大会,2016/5/22-26.

後藤浩之,満永仁志,稲谷昌之,飯山かほり,盛川仁:高密余震観測と常時微動測定に基づいた大崎市古川地区の浅層地盤構造のモデル化,日本地球惑星科学連合2016年大会,2016/5/22-26.

盛川仁,飯山かほり,後藤浩之,満永仁志,稲谷昌之:大崎市古川地区における表層地盤の動的応答特性の空間分布の推定,日本地球惑星科学連合2016年大会,2016/5/22-26.

飯山かほり,山崎義弘,後藤浩之,盛川仁,坂田弘安,廣瀬壮一:東北地方太平洋沖地震における被害状況に基づく大崎市古川地区木造建物のモデル化,日本地球惑星科学連合2016年大会,2016/5/22-26.

池田貴昭,後藤浩之,澤田純男:地震時盛土の引張破壊を考慮した拡張有限要素法によるクラック進展解析,第19回応用力学シンポジウム,2016/5/21-22.

江口拓生,後藤浩之,川方裕則,土井一生,高橋直樹,澤田純男:動的円盤載荷による地盤動特性の推定手法に関する実験的検討,平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2016/2/23-24.

竹本幸士郎,澤田純男,後藤浩之:埋設管引抜き摩擦における速度依存特性の素因分析,平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2016/2/23-24.



2015年

- 論文

平井俊之,堤杏紗,大島昭彦,新井瞬,濱田晃之,北田奈緒子,後藤浩之,河井克之,中嶋勲雄:大阪地域の表層地盤モデルを用いた揺れやすさマップの作成,Kansai Geo-Symposium 2015 論文集,pp.203-208,2015.

Sayaka Kimura, Hiroyuki Goto, Hitoshi Morikawa, and Sumio Sawada: Identification of incident and site-to-site factors for ground motion coherence based on very dense seismic array observations, Proc. 6th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering, No.378, pp.1-7, 2015.
PDF

Hiroyuki Goto, Nobuaki Tanaka, Sumio Sawada, and Hideki Inatani: S-wave impedance measurements of the uppermost material in surface ground layers: vertical load excitation on a circular disk, Soils and Foundations, Vol.55, No.5, pp.1282-1292, 2015.
Link

秋山良平,澤田純男,後藤浩之:固体と流体の中間的媒質の揺動現象を解析するための支配方程式とその検証,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.71,No.4,pp.I_493-I_501,2015.
Link


- 発表

Hiroyuki Goto: Very dense seismic array observation in Furukawa, Japan: spatial variation of earthquake ground motion, the 8th Japan-Taiwan Joint Seminar on Natural Hazard Mitigation in 2015, 2015.

Hiroyuki Goto, Masayuki Inatani, Sayaka Kimura, Hitoshi Morikawa, and Sumio Sawada: Very dense seismic array observation in Furukawa, Japan: spatial variation of earthquake ground motion, the 28th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, 2015.

Takaaki Ikeda, Hiroyuki Goto, and Sumio Sawada: Crack propagation in soil embankment based on X-FEM considering tensile failure mode, the 28th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, 2015.

Sayaka Kimura, Hiroyuki Goto, Hitoshi Morikawa, and Sumio Sawada: Identification of incident and site-to-site factors for ground motion coherence based on very dense seismic array observations, 6th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering, 2015.

後藤浩之,盛川仁,飯山かほり:空間統計モデルを用いた微動H/Vスペクトル比ピーク周期のモデル化の試み,日本地震学会2015年秋季大会,2015.

後藤浩之,稲谷昌之,羽田浩二,澤田純男,盛川仁:大崎市古川地区の浅層地盤構造をターゲットとした超高密度常時微動観測,日本自然災害学会平成27年度年次講演会,2015.

後藤浩之,田中伸明,澤田純男,稲谷栄巳:円盤加振による地盤最表層のS波インピーダンス測定手法の開発,平成27年土木学会全国大会,2015.

池田貴昭, 後藤浩之,澤田純男:地震時盛土の引張破壊を考慮した拡張有限要素法によるクラック進展解析,平成27年土木学会全国大会,2015.

新垣芳一,澤田純男,後藤浩之:地盤震動特性に寄与する地盤震動パラメータの検討,平成27年土木学会全国大会,2015.

後藤浩之:地震工学におけるクラック問題,日本応用数理学会2015年度年会,2015.

後藤浩之:2011年東北地方太平洋沖地震における地震動特性,第50回地盤工学研究発表会,2015.

後藤浩之,稲谷昌之,羽田浩二,池田貴昭,高屋俊康,木村紗也佳,秋山良平,澤田純男,満永仁志,飯山かほり,盛川仁:大崎市古川地区の浅層地盤構造をターゲットとした超高密度常時微動観測,日本地球惑星科学連合2015年大会,2015.

後藤浩之,田中伸明,澤田純男,稲谷栄巳:地盤最表層のS波インピーダンス測定手法の開発,平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2015.

後藤浩之,羽田浩二,澤田純男,吉田望,大内徹:余震および常時微動観測による福島県浪江町市街地の地盤震動特性評価,平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2015.

新垣芳一,澤田純男,後藤浩之:応答スペクトルの増幅率に寄与する地盤震動パラメータの検討,平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2015.



2014年

- 論文

後藤浩之:2層系地盤伝達関数による級数展開の離散表現,土木学会論文集A2,Vol.70,No.2(応用力学論文集Vol.17),pp.I_531-I_541,2014.
Link

Hiroyuki Goto: Series expansion of complex ground amplifications with a sequence of simple transfer functions, Earthquake Engineering and Structural Dynamics, Vol.43, No.13, pp.1975-1997, 2014.
Link, PDF

後藤浩之,澤田純男,吉田望,羽田浩二:2011年東北地方太平洋沖地震の地震動による福島県浪江町建築被害の悉皆調査,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.70,No.4(地震工学論文集第33巻),pp.I_1061-I_1070,2014.
Link

秦吉弥,高橋良和,秋山充良,後藤浩之,野津厚:経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動評価手法に基づく2003年三陸南地震における東北新幹線愛宕・稗田高架橋での強震動の推定,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.70,No.4(地震工学論文集第33巻),pp.I_560-I_577,2014.
Link

Yoshikazu Shingaki, Hiroyuki Goto, Sumio Sawada: Numerical study on wave propagation in a low-rigidity elastic medium considering the effects of gravity, Wave Motion, Vol.51, No.5, pp.729-742, 2014.
Link

秦吉弥,秋山充良,高橋良和,後藤浩之,野津厚,一井康二:SPGAモデルと経験的サイト増幅・位相特性を考慮した2011年東北地方太平洋沖地震における長町高架橋での地震動とフラジリティカーブの評価,構造工学論文集,Vol.60A,pp.214-227,2014.


- 発表

後藤浩之,羽田浩二,澤田純男,吉田望,大内徹:常時微動観測による福島県浪江町市街地の地盤震動特性評価,第14回日本地震工学シンポジウム,2014.

後藤浩之,田中伸明,澤田純男,稲谷栄巳:最表層地盤のS波インピーダンス測定法の開発(3):1次元ランダム媒質における検証,日本地震学会2014年秋期大会,2014.

木村紗也佳,後藤浩之,盛川仁,澤田純男:超高密度地震観測記録のコヒーレンスに含まれる地点間特性と入力特性を同定する試み,日本地震学会2014年秋季大会,2014.

Hiroyuki Goto, Nobuaki Tanaka, Sumio Sawada, and Hideki Inatani: S-wave impedance measurement of most upper material in ground surface layers -vertical load excitation on circular disk-, the 27th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, 2014.

後藤浩之,羽田浩二,澤田純男,吉田望,大内徹:2011年東北地方太平洋沖地震の地震動による福島県浪江町建築被害,第33回日本自然災害学会年次学術講演会,2014.

後藤浩之:2層系地盤伝達関数による級数展開を用いた地盤増幅特性の重ね合わせ表現,平成26年土木学会全国大会,2014.

後藤浩之:2層系地盤伝達関数による級数展開の離散表現,第17回応用力学シンポジウム,2014.

後藤浩之,盛川仁,稲谷昌之,小倉祐美子,徳江聡,濱崎翔平,Zhang Xin-Rui,Sakkrawit Sripunyaphikhup,岩崎政浩,荒木正之,澤田純男,Aspasia Zerva:超高密度地震観測による宮城県大崎市古川地区の地盤震動特性の評価,日本地球惑星科学連合2014年大会,2014.PDF

後藤浩之:地盤伝達関数展開を利用した地盤増幅特性の分解法について,日本地球惑星科学連合2014年大会,2014.PDF

Hiroyuki Goto, Sumio Sawada, Nozomu Yoshida, Koji Hada: Building damage survey at Namie town, Fukushima, due to ground motion during the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku earthquake, New Initiative toward the Advancement of Strong Motion, Site Effect, and Risk Evaluation for Future Mega-Quakes, 2014.

Hiroyuki Goto: Earthquake and Associate Risks,第8回日仏先端科学技術シンポジウム,2014.



2013年

- 論文

Hiroyuki Goto, Yoshiya Hata, Yasuko Kuwata, Hidekazu Yamamoto, Hitoshi Morikawa and Shunichi Kataoka: Earthquake source and ground motion characteristics in eastern Japan during the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake, Journal of JSCE, Vol.1, No.1, pp.329-342, 2013.
Link

後藤浩之:地盤伝達関数のクロスタームに関する基本的な性質,土木学会論文集A2,Vol.69(応用力学論文集Vol.16),No.2,pp.I_435-446,2013.
Link

Hiroyuki Goto, Yuichi Kawamura, Sumio Sawada and Takashi Akazawa: Direct estimation of near-surface damping based on normalized energy density, Geophys. J. Int., Vol.194, No.1, pp.488-498, 2013.
Link, PDF

秦吉弥,秋山充良,高橋良和,後藤浩之,野津厚,幸左賢二:スーパーアスペリティモデルと経験的サイト増幅・位相特性を考慮した2011年東北地方太平洋沖地震による南三陸町志津川での強震動の評価,土木学会論文集B3, Vol.69, No.2, pp.I_161-166,2013.

秦吉弥,高橋良和,後藤浩之,野津厚:余震観測記録に基づく2011年東北地方太平洋沖地震におけるゴム系支承の被災橋梁での地震動の評価,日本地震工学会論文集,Vol.13,No.3,pp.30-56,2013.

奥村与志弘,後藤浩之:海溝型地震の分岐断層破壊シナリオで発生する津波の特徴に関する一考察,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.69,No.4(地震工学論文集第32巻),pp.I_750-757,2013.
Link

稲谷昌之,後藤浩之,盛川仁,小倉祐美子,徳江聡,Xin-rui Zhang,岩崎政浩,荒木正之,澤田純男,Aspasia Zerva:大崎市古川高密度地震観測を利用した表層地盤構造の推定,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.69,No.4(地震工学論文集第32巻),pp.I_758-766,2013.
Link

秦吉弥,高橋良和,後藤浩之,野津厚:スーパーアスペリティモデルと経験的サイト増幅・位相特性を考慮した2011年東北地方太平洋沖地震における岩切線路橋での地震動の評価,構造工学論文集,Vol.59A,pp.383-395,2013.


- 発表

後藤浩之,澤田純男,吉田望,羽田浩二:2011年東北地方太平洋沖地震の地震動による福島県浪江町建築被害の悉皆調査,第33回土木学会地震工学研究発表会,2013.

後藤浩之:非減衰2層系地盤伝達関数列による多層系地盤伝達関数の級数展開,日本地震学会2013年秋季大会,2013.

後藤浩之,稲谷昌之,盛川仁,岩崎政浩,荒木正之,澤田純男:宮城県大崎市古川地区における超高密度地震観測,第32回日本自然災害学会,2013.

後藤浩之:非減衰2層系地盤伝達関数列による多層系地盤伝達関数の級数展開,平成25年度土木学会全国大会,2013.

後藤浩之:地盤伝達関数のクロスタームに関する基本的な性質,第16回応用力学シンポジウム,2013.

Hiroyuki Goto, Hitoshi Morikawa, Masayuki Inatani, Yumiko Ogura, Satoshi Tokue, Xin-rui Zhang, Masahiro Iwasaki, Masayuki Araki, Sumio Sawada and Aspacia Zerva: Site amplification based on very dense seismic array observations in Furukawa district, Japan, ICOSSAR 2013, 2013.

後藤浩之:地盤伝達関数のクロスターム -Normalized Energy Densityの一般化-,日本地球惑星科学連合2013年大会,2013.

後藤浩之:地盤伝達関数のクロスターム,第62回理論応用力学講演会,2013.

稲谷昌之,後藤浩之,盛川仁,小倉祐美子,徳江聡,Xin-rui Zhang,岩崎政浩,荒木正之,澤田純男,Aspasia Zerva:宮城県大崎市古川地区における超高密度地震観測,第62回理論応用力学講演会,2013.

Hiroyuki Goto: Fundamental property of cross terms of ground transfer function, 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering, 2013.



2012年

- 論文

Hiroyuki Goto and Hitoshi Morikawa: Ground motion characteristics during the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake, Soils and Foundations, Vol.52, No.5, pp.769-779, 2012.
Link, PDF

Hiroyuki Goto, Yojiro Yamamoto and Saeko Kita: Dynamic rupture simulation of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake: multi-event generation within dozens of seconds, Earth, Planets and Space, Vol.64, No.12, pp.1167-1175, 2012.
Link, PDF

王寺秀介,澤田純男,後藤浩之:特性化グリーン関数に基づく地震動の応答スペクトル予測手法,日本地震工学会論文集,Vol.12,No.7,pp.46-61,2012.
Link

Hiroyuki Goto, Hitoshi Morikawa, Masayuki Inatani, Yumiko Ogura, Satoshi Tokue, Xin-Rui Zhang, Masahiro Iwasaki, Masayuki Araki, Sumio Sawada and Aspasia Zerva: Very dense seismic array observations in Furukawa district, Japan, Seismological Research Letters, Vol.83, No.5, pp.765-774, 2012.
PDFLink

Kazunori Wada and Hiroyuki Goto: Generation mechanism of surface and buried faults: Effect of plasticity in a shallow crust structure, Bull. Seism. Soc. Am., Vol.102, No.4, pp.1712-1728, 2012.
Link, PDF

後藤浩之,盛川仁,鍬田泰子:2011年東北地方太平洋沖地震における古川ガス本震記録の推定,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.68,No.4(地震工学論文集Vol.31-b),pp.I_111-118,2012.
Link

福島康宏,山田真澄,後藤浩之:臨時余震観測記録を用いた東北地方太平洋沖地震における登米市迫町佐沼の地震動推定,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.68,No.4(地震工学論文集Vol.31-b),pp.I_119-125,2012. Link

渡部龍正,鍬田泰子,後藤浩之:北海道浦河町における泥炭地盤の地震応答解析と管路被害,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.68,No.4(地震工学論文集Vol.31-b),pp.I_244-252,2012.
Link


- 寄稿等

後藤浩之:東北地方太平洋沖地震における地震動の特徴,基礎工,Vol.40,No.4,pp.17-20,2012.

後藤浩之,澤田純男:地震動予測の現状と課題,地盤工学会誌,Vol.60,No.3,pp.10-11,2012.


- 発表

後藤浩之,奥村与志弘:海溝型地震の分岐断層破壊シナリオで発生する津波の特徴,日本地震学会2012年秋季大会,2012.

Hiroyuki Goto, Hitoshi Morikawa, Masayuki Inatani, Yumiko Ogura, Satoshi Tokue, Xin-rui Zhang, Masahiro Iwasaki, Masayuki Araki and Sumio Sawada: Preliminary study of ground motion characteristics in Furukawa district Japan, based on very dense seismic-array-observaton, One Year after 2011 Great East Japan Earthquake -International Symposium on Engineering Lessons Learned from the Giant Earthquake-, 2012.



2011年

- 論文

後藤浩之,佐藤芳樹,澤田純男,高橋良和:BE-FE融合要素を用いた微小空隙を含む2次元媒質の静弾性解析,土木学会論文集A2(応用力学),Vol.67,No.2(応用力学論文集Vol.14),pp.I_153-159,2011.
Link

Hiroyuki Goto, Sumio Sawada and Toshiyuki Hirai: Conserved quantity of elastic waves in multi-layered media: 2D SH case -Normalized Energy Density-, Wave Motion, Vol.48, No.7, pp.603-613, 2011.
Link, PDF


- 寄稿等

後藤浩之,高橋章浩,盛川仁,片岡俊一:津波と地震動による被害,記事2 地震動と地震動による被害状況,土木学会誌,Vol.96,No.8,pp.10-14,2011.

後藤浩之,高橋良和,鍬田泰子,高橋章浩,盛川仁:東日本大震災速報 地震動による地盤と構造物の被害,自然災害科学,Vol.30,No.1,pp.49-53,2011.

後藤浩之:地震及び地震動の特性,土木学会東日本大震災被害調査団(地震工学委員会)緊急地震被害調査報告書, 2011.

後藤浩之,森伸一郎:地震動の特性,2011年「クライストチャーチ地震調査団」報告会,2011.


- 発表

Hiroyuki Goto, Yojiro Yamamoto, Saeko Kita: Dynamic source rupture process during the 2011 Tohoku-oki earthquake, the 24th KKCNN Symposium, 2011.

Kazunori Wada, Hiroyuki Goto: Generation mechanism of surface and buried faults considering the effect of plasticity in a shallow crust structure, 2011 AGU Fall Meeting, 2011.

後藤浩之,盛川仁,鍬田泰子:2011年東北地方太平洋沖地震における古川ガス本震記録の推定,第31回土木学会地震工学研究発表会,2011.

後藤浩之,山本揚二朗,北佐枝子:東北地方太平洋沖地震の動的破壊シミュレーション -数十秒あけて発生する隣接した破壊の表現 -,日本地震学会2011年秋季大会,2011.

Hiroyuki Goto, Sumio Sawada, Yuichi Kawamura, Toshiyuki Hirai and Takashi Akazawa: Definition of normalized energy density and its application to direct estimation of damping property, The 4th International IASPEI/IAEE Symposium on the Effects of Surface Geology on Seismic Motion, 2011.

後藤浩之,山本揚二朗,北佐枝子:動的地震サイクルシミュレーションの効率化に向けた数値解析手法の開発,日本地球惑星科学連合2011年大会,2011.



2010年

- 論文

Hiroyuki Goto, Leonardo Ramirez-Guzman and Jacobo Bielak: Simulation of spontaneous rupture based on a combined boundary integral equation method and finite element method approach: SH and P-SV cases, Geophys. J. Int., Vol.183, No.2, pp.975-1004, 2010.
Link, PDF

Sherliza Zaini Sooria, Sumio Sawada, Azlan Adnan and Hiroyuki Goto: An investigation on the attenuation characteristics of distant ground motions Peninsular Malaysia by comparing values recorded with estimated PGA and PGV, Malaysian Journal of Civil Engineering, Vol.22, No.1, pp.38-52, 2010.

和田一範,後藤浩之:拡張有限要素法(X-FEM)を用いた自発的な断層破壊の数値解析手法の開発,応用力学論文集,Vol.13,pp.667-674,2010.

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Trade-offs among dynamic parameters inferred from results of dynamic source inversion, Bull. Seism. Soc. Am., Vol.100, No.3, pp.910-922, 2010.
Link, PDF, Open Code.


- 寄稿等

澤田純男,後藤浩之:地震の予測とその活用,特集1−1 地震動予測の現状,土木学会誌,Vol.95,No.11,pp.14-17,2010.


- 発表

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Trade-offs among dynamic parameters inferred from 2D dynamic source inversion results, 2010 AGU Fall Meeting, 2010.

後藤浩之:要素サイズ可変型FEMによる動的地震サイクルシミュレーションの試み,日本地震学会2010年秋季大会,2010.

後藤浩之,平井俊之,澤田純男:水平多層地盤を鉛直に伝播する波に関する保存量,平成22年度土木学会全国大会,2010.

後藤浩之,平井俊之,澤田純男:水平多層地盤を伝播する2次元SH波に関する保存量,第45回地盤工学研究発表会,2010.

Hiroyuki Goto and Jacobo Bielak: Hybrid multidomain finite element and boundary element method for dynamic rupture in heterogeneous media, Workshop Earthquake Source Dynamics, 2010.

Hiroyuki Goto, Leonardo Ramirez-Guzman and Jacobo Bielak: Simulation of spontaneous rupture based on a combined boundary integral equation method and finite element method approach, Workshop Earthquake Source Dynamics, 2010.

後藤浩之,澤田純男:動力学震源インバージョンから推察される動的パラメタ間のトレードオフ,日本地球惑星科学連合2010年大会,2010.

後藤浩之,平井俊之,澤田純男:水平多層構造内を伝播する2次元SH波に関する保存量,日本地球惑星科学連合2010年大会,2010.

後藤浩之,Leonardo Ramirez-Guzman,Jacobo Bielak:境界・領域法(BDM)による自発的な断層破壊解析,平成21年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2010.



2009年

- 論文

後藤浩之,澤田純男,小林望,山田浩二:K-NET穴水観測点周辺地盤の地震動応答特性,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.65,No.1(地震工学論文集第30巻),pp.1-5,2009.
Link

Hiroyuki Goto, Chika Takahashi, Yayoi Ishii, Su-Qun Ling, Ken Miyakoshi, Hitoshi Morikawa, Yoshiki Sato, Sumio Sawada, Yoshikazu Shingaki, Yuto Suzuki, Daisuke Takabatake and Masato Joshima: Deep subsurface structure estimated by microtremors array observations and gravity surveys in Kashiwazaki area, Japan, Soils and Foundations, Vol.49, No.4, pp.651-659, 2009.
Link

Nozomi Kobayashi, Hiroyuki Goto, Koji Yamada and Sumio Sawada: Shallow S-wave seismic reflection survey around the K-NET Anamizu site, Safety, Reliability and Risk of Structures, Infrastructures and Engineering Systems, pp.2933-2939, 2009.
PDF


- 寄稿等

後藤浩之:1.2 強震記録と震度,2007年新潟県中越沖地震災害調査報告書,地盤工学会編,2009.


- 発表

Nozomi Kobayashi, Hiroyuki Goto, Koji Yamada and Sumio Sawada: Shallow S-wave seismic reflection survey around the K-NET Anamizu site, the 10th International Conference on Structural Safety and Reliability, 2009.

後藤浩之,内出崇彦,石井やよい,澤田純男:要素細分化アルゴリズムを用いた震源過程推定手法の理論的枠組みの検討,日本地球惑星科学連合2009年大会,2009.

和田一範,後藤浩之:拡張有限要素法(X-FEM)を用いた自発的な断層破壊の数値解析手法の開発,日本地球惑星科学連合2009年大会,2009.

後藤浩之,澤田純男,小林望,山田浩二:K-NET穴水観測点周辺地盤の地震動応答特性,第30回地震工学研究発表会,2009.

後藤浩之,阪口秀,澤田純男:変動成分を許容した滑りに対して発現するせん断摩擦の数値解析的検討,平成20年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2009.

後藤浩之,阪口秀,澤田純男:変動成分を許容した滑りに対して発現するせん断摩擦の数値解析的検討,近年の大地震の特徴と構造物の耐震性に関する研究集会 −若手研究者が大いに語る−,2009.



2008年

- 論文

Hiroyuki Goto and Jacobo Bielak: Galerkin boundary integral equation method for spontaneous rupture propagation problems: SH-case, Geophys. J. Int., Vol.172, No.3, pp.1083-1103, 2008.
Link, PDF, Open Code.


- 寄稿等

後藤浩之: 地震動,2008年岩手・宮城内陸地震災害緊急報告会,第43回地盤工学研究発表会,2008.

後藤浩之: 新潟県被害中越沖地震被害の現状と今後の課題 -地震動の概要-,研究討論会,平成20年度土木学会全国大会,2008.

後藤浩之: 地震および地震動,2007年新潟県中越沖地震災害調査報告会,第43回地盤工学研究発表会,2008.

後藤浩之: 地震・地震動の概要,土木学会・地盤工学会・日本地震工学会・日本地すべり学会合同調査団 岩手・宮城内陸地震速報会,2008.


- 発表

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Trade-offs of dynamic parameters inferred from 2D dynamic source inversion results, 2008 AGU Fall Meeting, 2008.

Hiroyuki Goto, Hide Sakaguchi and Sumio Sawada: Can 1D scalar variables in friction law really describe 3D fault system?, 7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Society of Japan, 2008 Fall meeting, 2008.

Hiroyuki Goto and Jacobo Bielak: Galerkin boundary integral equation method for spontaneous rupture propagation problems, The 21st KKCNN Symposium on Civil Engineering, 2008.

Hiroyuki Goto, Leonardo Ramirez-Guzman and Jacobo Bielak: Numerical simulation of dynamic fault rupture propagation based on a combination of BIEM and FEM solutions, 14th WCEE, 2008.

Sumio Sawada, Iwao Suetomi, Yasuhiro Fukushima and Hiroyuki Goto: Characteristics and distribution of strong ground motion during the 2004 Niigata-ken chuetsu and 2007 Niigata-ken chuetsu-oki Earthquake in Japan, 14th WCEE, 2008.

後藤浩之,阪口秀,澤田純男:せん断摩擦力に対する滑り変位の空間勾配依存性,日本地球惑星科学連合2008年大会,2008.

後藤浩之,Jacobo Bielak:ガラーキン境界積分方程式法を用いた自発的な断層破壊解析手法の開発,日本地球惑星科学連合2008年大会,2008.



2007年

- 論文

後藤浩之,Jacobo Bielak:有限要素法と境界積分方程式法を組み合わせた手法による断層破壊の数値解析,応用力学論文集,Vol.10,pp.613-622,2007.
Link

石井やよい,後藤浩之,澤田純男:新潟県中越地震の震源インバージョンによる川口町の地震動特性の考察,土木学会地震工学論文集,Vol.29,pp.153-160,2007.
Link

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Comment on "An Exact Solution for Effects of Topography on Free Rayleigh Waves" by William Z. Savage, Bull. Seism. Soc. Am., Vol.97, No.1B, pp.353, 2007.
Link


- 寄稿等

後藤浩之: 震源地域における地震動特性,平成19年(2007年) 新潟県中越沖地震災害緊急調査団速報会,2007.

飛田哲男, 後藤浩之, 豊岡亮洋, 高橋良和, 姜基天, 井合進:平成19年(2007年)能登半島地震被害調査速報,自然災害科学,Vol.26,No.1,pp.69-78,2007.


- 発表

Hiroyuki Goto and Jacobo Bielak: Galerkin boundary integral equation method for spontaneous rupture propagation problems, 2007 AGU Fall Meeting, 2007.

後藤浩之,Jacobo Bielak:有限要素法と境界積分方程式法を組み合わせた断層破壊の数値解析手法の開発,日本地震学会2007年秋季大会,2007.

後藤浩之,宮腰研,凌甦群,澤田純男,石井やよい,高畠大輔,佐藤芳樹,新垣芳一: 微動アレーを用いた新潟県柏崎市のS波速度構造調査,日本地震学会2007年秋季大会,2007.

後藤浩之,Jacobo Bielak: 有限要素法と境界積分方程式法を組み合わせた手法による断層破壊の数値解析,第62回土木学会年次学術講演会,2007.

後藤浩之,澤田純男: 動力学震源インバージョンに対する推定変数の感度分析,日本地球惑星科学連合2007年大会,2007.



2006年

- 論文

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Dynamic source inversion based on stable formulation and on identification of the resolution level via a multi-scale approach, Geophys. J. Int., Vol.167, No.2, pp.779-793, 2006.
Link, PDF

後藤浩之,澤田純男:運動学及び動力学震源インバージョンによる破壊過程の推定:2次元SH問題,第12回地震工学シンポジウム論文集,No.33,2006.

後藤浩之,澤田純男:Walsh関数に基づく動力学震源インバージョン解析 -推定変数のトレードオフ及びノイズに関する考察-,応用力学論文集,Vol.9,pp.745-752,2006.
Link


- 発表

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Sensitivity analysis of dynamic parameters based on dynamic source inversion problem, 2006 AGU Fall Meeting, 2006.

後藤浩之,阪口秀,澤田純男:滑り弱化型断層摩擦構成則の空間的な滑り変位及び滑り速度勾配依存性に関する考察,日本地震学会2006年秋季大会,2006.

後藤浩之,宮腰研,澤田純男:動力学震源インバージョン解析による1997年3月鹿児島県北西部地震の震源過程,日本地震学会2006年秋季大会,2006.

後藤浩之,澤田純男: Walsh関数に基づく動力学震源インバージョン解析-推定変数のトレードオフ及びノイズに関する考察-,第61回土木学会年次学術講演会,2006.

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Dynamic source inversion based on stable formulation, 1st ECEES, 2006.

後藤浩之,宮腰研,澤田純男:鹿児島県北西部地震の動力学震源インバージョン解析,日本地球惑星科学連合2006年大会,2006.

後藤浩之,澤田純男:動力学震源インバージョン手法の安定な定式化,第55回理論応用力学講演会,2006.



2005年

- 論文

Hiroyuki Goto, Sumio Sawada, Hitoshi Morikawa, Hiroyoshi Kiku, and Serdar Ozalaybey: Modeling of 3D subsurface structure and numerical simulation of strong ground motion in the Adapazari basin during the 1999 Kocaeli earthquake, Turkey, Bull. Seism. Soc. Am., Vol.95, No.6, pp.2197-2215, 2005.
Link

後藤浩之,澤田純男,本田利器:動力学に基づく震源インバージョン手法の非線形性に関する考察,応用力学論文集,Vol.8,pp.733-740,2005.
Link


- 寄稿等

澤田純男,後藤浩之: 新潟県中越地震の震源域における地震動特性,基礎工,Vol. 33,No. 10,2005.


- 発表

Hiroyuki Goto, Leonardo Ramirez-Guzman and Jacobo Bielak: A hybrid boundary integral equation and domain finite element method for dynamic rupture in heterogeneous media: antiplane case, 2005 AGU Fall Meeting, 2005.

後藤浩之,澤田純男:Walsh関数を用いたマルチスケール法による動力学震源インバージョン解析,日本地震学会2005年秋季大会,2005.

後藤浩之,澤田純男:断層破壊動力学に基づく震源インバージョン手法の安定な定式化,第60回土木学会年次学術講演会,2005.

後藤浩之,澤田純男:断層破壊動力学に基づく震源インバージョン解析の鋭敏性除去による高速化,地球惑星科学関連学会2005年合同大会,2005.

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Dynamic source inversion analysis based on the formulation avoiding undesirable sensitivity, 4th KKN seminor, 2005.



2004年

- 発表

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Numerical simulation of strong ground motion on Adapazari basin during the 1999 Kocaeri, Turkey, Earthquake, 17th KKCNN, 2004.

後藤浩之,澤田純男:フィルタリングアルゴリズムによる震源動力学的パラメータの直接インバージョンの試み,日本地震学会2004年秋季大会,2004.

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Numerical simulation of strong ground motion on Adapazari basin during the 1999 Kocaeri Turkey Earthquake, 13th WCEE, 2004.

後藤浩之,澤田純男:拡張カルマンフィルタによる震源動力学的パラメータの直接インバージョンの試み,地球惑星科学関連学会2004年合同大会,2004.



2003年

- 論文

後藤浩之,澤田純男,盛川仁,規矩大義:トルコ・コジャエリ地震におけるアダパザル盆地の強震動シミュレーション,土木学会地震工学論文集,Vol.27,No.38,2003.
PDF


- 発表

後藤浩之,澤田純男,盛川仁,規矩大義:トルコ・コジャエリ地震におけるアダパザル盆地の強震動シミュレーション,第27回土木学会地震工学研究発表会,2003.

後藤浩之,澤田純男:トルコ・コジャエリ地震におけるアダパザル盆地の強震動シミュレーション,第58回土木学会年次学術講演会,2003.

Sumio Sawada, Hiroyuki Goto, Hitoshi Morikawa and Hiroyoshi Kiku: Numerical simulation of strong ground motion around Adapazari basin during the 1999 Kocaeri Earthquake, Turkey, IUGG2003, 2003.

後藤浩之,澤田純男,盛川仁,規矩大義:トルコ・コジャエリ地震で被害を受けたアダパザル市周辺盆地の深層地盤構造,第38回地盤工学会,2003.

後藤浩之,澤田純男,盛川仁,規矩大義:トルコ・コジャエリ地震におけるアダパザル盆地の強震動シミュレーション,地球惑星科学関連学会2003年合同大会,2003.

Hiroyuki Goto and Sumio Sawada: Numerical simulation of strong motion around Adapazari basin during the 1999 Kocaeri, Turkey earthquake, 2nd KKN seminor, 2003.


Mail to : gotocatfish.dpri.kyoto-u.ac.jp (@は半角の@に置き換えて下さい)